チュードルクロノタイムRef.79160 オーバーホール

修理前の画像
チュードルクロノタイム79160修理前 チュードルクロノタイム79160修理前 

長期間油切れの状態で使い続けてしまったため、
自動巻き関連の部品が焼き付いて多量の金属片が
拡散しておりました。

初期型ムーブメントのため、人口ルビーが使われて
いない箇所の摩耗が著しく、自動巻きの受けごと
交換が必要な状態でした。

修理後の画像 

チュードルクロノタイム79160修理後 チュードルクロノタイム79160修理後 

当初は歩度の測定ができない状況でしたがオーバー
ホールと部品交換で防水性も含めて機能回復しま
した。交換部品は風防/ゼンマイ/ガンギ/アンクル
/切替車/自動巻き受け上下。

総費用65,000円(税別)2年保証