ロレックスチェリーニRef.3802/Cal.1601のオーバーホールと文字盤リダン

修理前の画像
ロレックスチェリーニ3802修理前 ロレックスチェリーニCal.1601修理前 

経年劣化により文字盤の塗装に亀裂や剥がれが
起きておりますが、機械の方には大きなダメージが
なさそうです。オーバーホールと文字盤リダン
(再生)でお預かりしました。

修理後の画像

ロレックスチェリーニ3802修理後 ロレックスチェリーニCal.1601修理後 

文字盤が綺麗に仕上がったため、ガラスのキズが
気になりますが日常使用可能な状態に修復でき
ました。アフターダイヤの製品もお受けしますが
石留が甘いと別途付け直しが必要な場合もござい
ます。修理でお悩みの方はお気軽にご相談ください
ませ。

作業内容:オーバーホール/ゼンマイ交換/文字盤再生/針仕上げ
総費用72,000円(税別)

修理のお問い合わせはLINEでも受け付けております。
時計のことがよく分らないお客様でも画像をお送り頂く
だけである程度はお答えいたします。

友だち追加