オメガスピードマスターオートマチックRef.175.0032/Cal.1140のオーバーホール例

オーバーホール前の画像

オメガスピードマスターオートマチック175.0032修理前 オメガスピードマスターオートマチックキャリバー1140修理前 

スピードマスターのオートマチックノンデイト
(日付なし)で旧型キャリバー1140が搭載されて
いるお品物です。現行のキャリバー3220は機械が
シルバー色で機止めネジやツツカナなどの部品が
仕様変更されております。
拝見したところツツカナは新型になっておりましたが
機止めネジは旧タイプのままで尚且つサビておりました。
オメガキャリバー1140機止めネジ
ネジの頭が折れやすく機械に挟まって停止する不具合が
多いので一新されたと推察されます。

オーバーホール後の画像

オメガスピードマスター175.0032修理後 オメガスピードマスターキャリバー1140修理後 

外装部品も一新して機能回復しました。
新しい機止めはネジと板がセパレートになっており
ます。意外と入手が困難な部品のため、旧部品が
そのまま残存している事も少なくありません。
オメガキャリバー3220機止め

今回はクロノユニットも含めたオーバーホールを
実施しましたが、当該キャリバーは時計部分が
2892A2ベースでクロノユニットとの分離が
できます。
機械の状態次第ですが、ストップウオッチの使用
頻度が少ない場合は時計部分のみをオーバーホール
してコストダウンされることも可能です。
お気軽にご相談下さいませ。

総費用60,000円(税別) 1年保証 

時計修理のご相談はLINEでも受付けております。

友だち追加