Rolex Airking Ref.14000のオーバーホール例

オーバーホール前の画像

Rolex Airking Ref.14000修理前 Rolex Airking Cal.3000オーバーホール前 

大幅な遅れ症状と異音により持ち込まれたエアキング
でキャリバー3000が搭載されております。
完全な油切れと使い過ぎによりローター真が焼き付いて
真下にある4番車に削れた鉄粉が降りかかっている状態です。
ローター真とゼンマイは交換確定ですが、4番車は
取り外してからの判断になるため、お見積もりに
加算させていただきました。

オーバーホール後の画像

Rolex Airking Ref.14000オーバーホール後 Rolex Airking Cal.3000オーバーホール後 

14270のエクスプローラーIなどにも搭載されている
キャリバー3000の4番車はノンデイトのため高さが
異なり3035とは互換性が無く専用部品になっており
ます。国内での入手が意外と困難な部品の一つです。
Rolex Cal.3000-360

結果的に4番車は洗浄と旋盤による仕上げ直しで
再使用出来ました。
このキャリバーもオールドモデルに分類されつつ
ありますので使い過ぎにはご注意下さい。

総費用58,000円(税別)2年保証

時計修理のご相談はLINEでも受付けております!
友だち追加