RolexDateJust Ref.16014のオーバーホール

オーバーホール前の画像

Rolex16014オーバーホール前 Rolex16014/Cal3035オーバーホール前

風防のキズと竜頭チューブに腐食があり交換が必要な
状態です。機械部品はローター真が磨耗でガタついて
いるため交換を要します。

オーバーホール後の画像

Rolex16014オーバーホール後 Rolex16014/Cal3035オーバーホール後

部品交換で全ての機能が回復しました。製造から30年以上
経過していますが、メンテナンス次第ではまだまだお使い
いただけます。総費用51,000円(税別)2年保証品