ロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.6263のオーバーホールとプッシュボタンの修理

修理前の画像

ロレックスコスモグラフデイトナ6263修理前 ロレックスコスモグラフデイトナCal.727修理前 

2hプッシュボタンの脱落と機止め板の片側が折れており
もう一箇所は欠損しておりました。
プッシュボタンは軸のネジ山が磨耗しておりキャップ
が空回りしてしまう状態でした。
現在流通しているプッシャーはキャップに溝があり
ますが、溝なしモデルのため何とか形を変えずに現状
復帰させたいところです。

修理後の画像
ロレックスコスモグラフデイトナ6263修理後 ロレックスコスモグラフデイトナCal.727修理後 

プッシュボタンは軸部分のみを交換してキャップと
土台をそのまま残す事が解決しました。
機止め板は特殊形状で↓こんな形をしています。
rolex-daytona-caseclamp

バルジュー72系の機止めとは異なりデイトナ用に
カスタムされているようです。
1個は部品取り用の在庫を仕上げ直して、もう1個
は同形状のジェネリックパーツを使用して組み上げ
ました。
表からは見えない部品ですが、明らかな規格外の
部品を使用しますと時計の価値を下げ兼ねません
ので出来る限りこだわってみました。
風防は割れや亀裂が無かったので再使用して
裏蓋と竜頭、プッシュボタンの各パッキンとゼンマイ
を交換後、5気圧の防水検査をクリアーして無事に
納品となりました。

総費用86,000円(税別)1年保証

修理のお問い合わせはLINEでも受付けしております

友だち追加