Omega Speedmaster Date Ref.175.0083/Cal.1152 overhaul

オメガスピードマスターデイト(ブラックダイヤル)

オーバーホール前
omega speedmaster date 175.0083   Before(omega speedmaster date Cal.1152)

プッシュボタンが両側共に根元から欠損した状態で
長期間放置してしまった結果、ボタン口から多量の
湿気やホコリが混入しておりました。
ヘッドのキャップ部分を紛失される事は多いです
が両方共に土台ごと欠損した症例は初めてです。
ストップウオッチのレバー部品もサビており
複数の部品交換が避けられない状態ですが、
なるべく再使用できるように最善を尽くします。

オーバーホール後
 
 After (omega speedmaster date Cal.1152)

大量の部品交換を伴いましたが、防水性能も含めて
機能回復しメーカー修理代よりもお安く済みました。
竜頭やプッシュボタンが欠損した場合は速やかに
修理を行わないと機械へのダメージが進行する
のでご注意ください。

総費用70,000円(税別)1年保証

修理のご質問やお問い合わせはLINEでも受付けております。
時計のことがお詳しくなくても画像をお送り下さればある程度
のご回答は可能です。

友だち追加