オメガ・シーマスターアクアテラCO-AXIAL Ref.168.1111のオーバーホール例

オーバーホール前の画像

オメガシーマスターCO-AXIAL 168.1111オーバーホール前 オメガシーマスターCO-AXIAL 2500Cオーバーホール前

12時位置の片方の夜光が脱落しておりオーバーホール
と合わせて修理をご依頼下さいました。
総体的に機械の油切れも起きており自動巻きの動きも
鈍い状態でした。

オーバーホール後の画像

オメガシーマスターCO-AXIAL 168.1111オーバーホール後 オメガシーマスターCO-AXIAL 2500Cオーバーホール後 

お見積もりの時点でゼンマイと自動巻き切替車の
交換を見込んでいましたが、洗浄と注油で回復した
ため再使用しました。
剥れた夜光も無事に取り付けることができ、交換
部品もバンドのクラスプバネと裏蓋/チューブ
パッキンだけで済み防水性も含めて機能回復しました。
メーカー修理ですと夜光が取れた時点で文字盤交換
が必須となり高額な部品代が掛かったことと思われ
ます。
取れた夜光は作業中に割れてしまう可能性もあり
ますが、トライしてみる価値はあると思います。
夜光やインデックスが取れてしまった際は作業工程
上オーバーホール対応になります。

総費用35,000円(税別)2年保証