IWC・ポートフィノRef.3513 1のオーバーホールとサビ取り

サビ取り前の画像

IWC 3513 1 IWC 3513 1

以前弊社でオーバーホールをしたお品物ですが、4年半で
ご覧のような状態になってしまいました。
前回もサビ取りと穴埋めを行いましたが、バネ棒も固着
しており重症です。機械側から汗水の混入により文字盤側
にもシミが出ております。

サビ取り後の画像

IWC 3513 1 IWC 3513 1

サビ取り穴埋めと純正竜頭交換まで行いましたが、防水性は
改善しませんでした。
夏場や雨天時のご使用は厳禁で次回サビが再発した場合は
修復困難かと思います。
ネジ止め式の裏蓋は日本の気候には合わないので、年間を
通しての日常使用は定期メンテナンスが不可欠です。
総費用37,000円(税別)