RolexDateJustRef.16233のオーバーホール例

オーバーホール前の画像

RolexDateJust16233オーバーホール前 RolexDateJust16233オーバーホール前

竜頭のねじ込み不良や自動巻きの巻上車の磨耗と
穴石割れがみられます。
長期間メンテナンスせずに使い続けてしまった
との事で、こちらも高額な修理になりそうです。

オーバーホール後の画像

RolexDateJust16233オーバーホール後 RolexDateJust16233オーバーホール後

交換部品は竜頭、チューブ、ゼンマイ、巻上車、
巻上車穴石(上下)です。ガラスに欠けがあります
が、今回はご予算の都合上、再使用しました。
キズの箇所は弱くなっているのでぶつけないように
注意が必要です。
防水面も含めて機能回復しましたが、次回は早めの
メンテナンスをお薦めします。
総費用92,000円(税別)ポリッシュなし・2年保証品