Rolex Submariner Date Ref.16613のオーバーホール例

オーバーホール前の画像

Rolex SubmarinerDate 16613 オーバーホール前 Rolex SubmarinerDate 16613 オーバーホール前

油切れ状態で使い続けてしまったため、焼き付きに
よりアンクルとスライディングギアの交換が必要
な状態です。

オーバーホール後の画像

Rolex SubmarinerDate 16613 オーバーホール後 Rolex SubmarinerDate 16613 オーバーホール後

オーバーホールと部品交換で防水も含めて機能回復
しました。もう少し早いタイミングでメンテナンス
されていれば今回のダメージ部品は助かったかも
知れません。
何らかの自覚症状が出てからの修理ですと部品交換
は避けられませんので、少なくとも5年に一度程度
はオーバーホールされる事をお薦めいたします。
総費用66,000円(税別)ライトポリッシュ、2年
保証