オメガスピードマスターデイトRef.175.0083のオーバーホールと部品交換

オーバーホール前の画像

omega1750083  omega1750083

ノーメンテナンスのまま長期間使い続けてしまったうえ、
竜頭やプッシュボタンのパッキン不良により湿気の混入も
見られます。
元々3気圧程度の防水性ですと手洗い時に蛇口の水がかかった
だけでも湿気が混入することがあります。

オーバーホール後の画像

omega1750083 omega1750083

結局竜頭とプッシュボタン2個、マキシンと切替車の交換を
余儀なくされました。手洗い時の注意とボタンの裏側に汚れが
溜まり易いのでブラシでクリーニングするようにお願いをしました。
例えダイバーズウオッチでも水に浸けない使い方をお薦めいたします。
総費用53,000円(税別)
※同モデルは竜頭、プッシュボタンの販売供給が制限されております。
部品が入手出来なかった場合はメーカー修理(基本料金65,000円~)と
なります。