Omega Seamaster (old)Ref.166.024/Cal.565のオーバーホール例

オーバーホール前の画像

Omega Seamaster166.024オーバーホール前 Omega Seamaster166.024オーバーホール前

長期保管品で内部がかなり汚れておりますが、修復
は可能な状態でした。2番車の磨耗が酷く交換が必要
です。

オーバーホール後の画像

Omega Seamaster166.024オーバーホール後 Omega Seamaster166.024オーバーホール後

外装部品は風防と竜頭を交換して生活防水を含めて
機能回復しましたが、ケースの腐食が進んでいる
ので非防水としてお使いいただく必要があります。
次回のメンテナンスは使い過ぎないうちにお出し
頂ければと思います。
総費用49,000円(税別)6ヶ月保証品