IWC MARK XVI Ref.3255のオーバーホール例 総費用26,000円(税別)

オーバーホール前の画像

IWCマークXVI IWCマークXVI

機械の油切れにより自動巻き切替車と3番車に焼き付がみられました。また竜頭パッキンの硬化により防水性が低下しておりました。

オーバーホール後の画像

IWC MARK XVI Ref.3255 IWC MARK XVI Ref.3255

切替車と3番車はホゾの再生研磨で再使用できました。このモデルは竜頭パッキンが単体で交換できないため従来は竜頭一式交換での対応となりますが、古い竜頭パッキンをえぐり出してパッキンのみの交換で防水性も復元できました。オリジナルの竜頭を何とか残したい場合に有効な手段ですが、作業が困難なモデルもございますので、先ずはお気軽にご相談下さいませ。