IWC・フリーガークロノグラフ Ref.3706のオーバーホール

オーバーホール前の画像

IWCフリーガークロノグラフ3706オーバーホール前 IWCフリーガークロノグラフ3706オーバーホール前

ケースチューブの磨耗により竜頭のねじ込みが浅く
防水不良が起きておりました。
4番車のホゾも焼きつきによりサビており交換が
必要な状態です。

オーバーホール後の画像

IWCフリーガークロノグラフ3706オーバーホール後 IWCフリーガークロノグラフ3706オーバーホール後

チューブと4番車は純正部品との交換で防水性も
含めて機能回復しました。
このモデルはカレンダーの早送り操作に禁止の
時間帯がありますので、夜間は行わないようにして
下さい。早送りが出来なくなったりカレンダーの
切り替わる時間帯が変わってしまう事がございます。
総費用46,000円(税別)2年保証品