IWCポートフィノRef.3513 1のオーバーホール例

オーバーホール前の画像

IWCポートフィノ3513 1オーバーホール前 IWCポートフィノ3513 1オーバーホール前

4点のネジ止め式の裏蓋ですが、汗水が混入しやす
くご覧のようにサビてしまっているお品物を多く
お見かけします。メーカー修理ですとケース一式
交換を宣告されてもおかしくない状態です。

オーバーホール後の画像

IWCポートフィノ3513 1オーバーホール後 IWCポートフィノ3513 1オーバーホール後

ケースのサビ取りと多量の部品交換(2/3/4番車・
切替車・ゼンマイ・4番車穴石・新型竜頭・巻真)
で3気圧防水検査を含め機能回復しましたが、腐食
による凹凸は完全には埋めきれませんので定期的な
メンテナンスが必要不可欠となります。
次回も使いすぎてしまった場合はメーカー修理を
お薦めするかも知れません。

総費用60,000円(税別)1年保証