ロレックスGMTマスターRef.1675のオーバーホールと部品交換

オーバーホール前の画像

ロレックスGMTマスターRef.1675   ロレックスGMTマスターRef.1675

弊社で3回目のメンテナンスですが、前回のオーバーホールから5年半
のご使用で裏蓋の内側やベゼル下にサビが再発しておりました。
竜頭のねじ込み不良やローター芯の磨耗、クラスプのピン折れなども見られ
相応の部品交換が必要な状態です。

オーバーホール後の画像

ロレックスGMTマスターRef.1675 ロレックスGMTマスターRef.1675

オーバーホールと部品交換(竜頭・チューブ・ゼンマイ・風防・ローター芯)、
クラスプピン新規作製、ケースサビ取り穴埋めで5気圧防水をクリアーしました。
少々使い過ぎてしまった感がありますので、もう少し早めにメンテナンスすれば
高額な修理代は避けられるかと思います。総費用86,000円(税別)