ROLEX DATE JUST Ref.69088のオーバーホールと部品交換

オーバーホール前の画像

ROLEX DATE JUST Ref.69088  ROLEX DATE JUST Cal.2135

画像ではわかり難いのですが、油切れによる使い過ぎで部品交換が多数必要な状態でした。
従来ならば日本ロレックス社への持込をお薦めするところですが、アフターダイヤで
受付てもらえないため弊社で修理させて頂くことになりました。
見積もり段階での交換予測は竜頭、チューブ、ゼンマイ、ツヅミ車、ツツカナ、中心車、4番車で
全てオリジナル(純正)パーツでの修復をご希望。見積もり総額は115,000円でした。

オーバーホール後の画像

Rolex Date Just Ref.69088  Rolex Date Just Cal.2135

純正竜頭とチューブが高額部品でしたが4番車、ツツカナ、中心車を再生再使用しましたので
部品交換は少なく済みました。
ロレックスは使い過ぎると修理代がかかるので定期的なメンテナンスをお薦めいたします。
総費用94,000円(税別)