ロレックス・オイスターパーペチュアルデイトジャストRef.16013の修理例

修理前の画像

ロレックスデイトジャスト16013修理前 ロレックスデイトジャストCal.3035修理前

少々使い過ぎてしまった感は否めませんが、要の
部品が無事だったため修復は可能な状態です。
製造から35年経過しており、ケースの腐食が酷く
防水機能が心配です。

修理後の画像

ロレックスデイトジャスト16013修理後 ロレックスデイトジャストCal.3035修理後

部品交換と腐食箇所の穴埋めで防水性能も含めて
回復しました。
ケースの腐食は再発し易いので、定期メンテナンス
を怠りますと防水性が低下して機械に多大なダメージ
を与えますので注意が必要です。
交換部品はローター真・ゼンマイ・チューブ・裏
蓋と竜頭パッキン・クラスプピン作製で風防は研磨
で再使用できました。
総費用70,000円(税別)2年保証