グランドセイコー6145-8000 オーバーホールと風防交換、竜頭パッキン交換の修理例 35,000円(税別)

オーバーホール前の画像

グランドセイコー6145-8000 グランドセイコー6145

長年のご使用でケースの溝にもサビが出ておりました。パッキン類の劣化により開封前の防水検査はNGでした。

オーバーホール後の画像

グランドセイコー6145-8000 グランドセイコー6145

ケースのサビは出来る限り除去してから穴埋めしました。
風防と裏蓋パッキンを正規部品で交換しましたが、竜頭周りを改善しないと防水性までは復元いたしません。
もともとこのモデルの竜頭パッキンは単体で交換出来ない構造のため、販売当時は竜頭一式交換で対応しておりましたが既に40年以上も前のお話です。
仮に竜頭が見つかった場合でも経年劣化のためゴムのパッキンがカチカチに固まっている物が殆どです。
 弊社ではオリジナルの竜頭を生かすためにパッキン部分だけを交換して防水性を復元させる事に数多く成功しております。
オリジナルの竜頭を残されたい場合などはお気軽にご相談下さいませ。
※但しネジ込み式の竜頭のネジ山の磨耗は再生できません。