キングセイコー5626-7041のオーバーホールとヨードーレバー交換

オーバーホール前の画像

キングセイコー5626 キングセイコー5626

 

56系のカレンダー早送り不良は定番の不具合です。自動的に切り替わるタイミング(午前0時から前後2時間くらいの間)で早送り操作を行うとプラスチックの送り爪(ヨードーレバー)が折れて、以降早送りが出来なくなるという不具合です。

オーバーホール後の画像

キングセイコー5626 キングセイコー5626

ヨードーレバーはプラスチック部品の代わりに金属で作製したアフターパーツを使用します。残り数十個で今のところ増産の予定はございませんので同様の不具合をお持ちの時計修理はお早めにご相談下さいませ。
総費用34,000円(税別)