オメガスピードマスター125周年Ref.178.0008/Cal.1041のオーバーホールと部品交換

オーバーホール前の画像

オメガスピードマスター178.0002 オメガスピードマスターCal.1041

竜頭のパッキン不良による巻真のサビと針にもシミが出ておりました。内装部品にも油切れによる焼き付が見られます。

オーバーホール後の画像

オメガスピードマスター178.0002  オメガスピードマスターCal.1041

竜頭、巻真と3番車、針一式をオリジナル部品で交換し綺麗に復活しました。外装部品は比較的入手できますが、機械部品は製造中止になっておりますので状態次第では修復できない場合もございます。総費用59,000円(税別)