オメガスピードマスターデイトRef.175.0083の修理例

オーバーホール前の画像

Omegaスピードマスターデイト175.0083修理前   Omegaスピードマスターデイト175.0083修理前

機械の油切れによる遅れ症状とセンタークロノグラフ
針のリセットズレが見られます。
各部パッキンの劣化により湿気が混入して機械油の
蒸発が早まったものと思われます。

オーバーホール後の画像

Omegaスピードマスターデイト175.0083修理後 Omegaスピードマスターデイト175.0083修理後

センタークロノ針は取付部に亀裂があり交換を要し
ました。
竜頭やプッシュボタンを交換して防水性も向上しま
したが、強い防水時計ではございませんので水濡れ
等には注意が必要です。
総費用 62,250円(税別)先トク割りご利用 1年
保証品