オメガ・スピードマスターデイデイトRef.175.0084のオーバーホールと文字盤修正

修理前の画像
オメガスピードマスタートリプルカレンダー175.0084修理前 オメガスピードマスタートリプルカレンダーCal.1151修理前 

オーバーホールでお持込下さいましたが、衝撃を
受けた影響で文字盤の中心ズレが起きておりました。
先端の赤い針(ポインターデイト)が19日の表示
から少しズレているのが確認できます。

ケースから取り出し針を外した画像がこちら
オメガスピードマスターデイデイト文字盤中心ズレ
赤丸内の中心が左上に傾いている=文字盤が右下
に寄っている事が原因でカレンダーの表示ズレが
起きておりました。

文字盤を外して裏返した画像がこちら
文字盤の足変形 
2本ある足が同じように変形していました。
修正作業中に折れてしまう可能性もあります
ので、足の再溶接までのお見積もりをご承諾
のうえ慎重な修復を試みます。

修理後の画像
オメガスピードマスター文字盤中心ズレ修正後
可能な限り修正して無事にお戻しすることが
できました。
メーカー修理ですと文字盤交換になる案件です。 

オメガスピードマスタートリプルカレンダー175.0084修理後 オメガスピードマスタートリプルカレンダーCal.1151修理後 

内外装部品も複数交換しましたが、日付の表示も
改善して機能回復しました。
再び落下などの強い衝撃を受けますと足折れを
起こすかも知れませんので、お取り扱いには注意が
必要です。
今回のように実際に作業を行ってみないと結果が
判らないような症状をお持ちの時計も多くござい
ます。
はじめから部品交換を前提とするのではなく、
可能な限り再使用を試みるような修理をいたし
ますのでお気軽にご相談下さいませ。

総費用66,000円(税別) 1年保証