オメガスピードマスターオートマチックRef.175.0032のオーバーホールと部品交換

オーバーホール前の画像

オメガスピードマスターRef.175.0032  オメガスピードマスターCal.3220

スピードマスター自動巻きのポピュラーモデルですが、内装部品が
マイナーチェンジされており製造時期によって様々な機械が存在して
おります。こちらのお品物はキャリバー3220です。

オーバーホール後の画像

オメガスピードマスターRef.175.0032 オメガスピードマスターRef.175.0032

竜頭と4hプッシュボタン交換 総費用39,500円で済みましたが、
オメガ社が部品供給の規制を始めたために現在は竜頭やプッシュボタン、風防など
の外装部品が5割り以上も値上げしております。
そのため部品交換を多量に伴う場合はメーカー修理をお薦めすることがございます。