オメガシーマスター30 Cal.286のオーバーホール例

オーバーホール前の画像

オメガシーマスター30 Cal.286オーバーホール前 オメガシーマスター30 Cal.286オーバーホール前

長らくメンテナンスをされていなかったところ、
秒針外れてしまったためオーバーホールと合わせて
修理をご依頼下さいました。
30mmキャリバーで姿勢差が出てますが修復は
可能な状態です。

オーバーホール後の画像

オメガシーマスター30 Cal.286オーバーホール後 オメガシーマスター30 Cal.286オーバーホール後

風防に亀裂が生じていたため交換しましたが、その他
の部品は再使用出来ました。裏蓋パッキン未使用
の非防水時計なので夏場のご使用は極力お控え頂く
ようにお願いしました。
また、ご使用頻度が多い場合は短いサイクルでの
オーバーホールが必要となります。
総費用43,000円(税別)6ヶ月保証