機械式時計の心臓部分(テンプ)にあるヒゲゼンマイは高速で伸縮しておりますが、
落下などの衝撃で絡まってしまったり、テンプの注油量が多いと流出した油が付着して突然精度不良を発症する事があります。
最近は磁気帯びによる不具合も多いですが、磁気が原因の場合は脱磁によって瞬時に改善いたします。
下の画像のようにヒゲゼンマイが絡まっていたり、油が付着していた場合はテンプのバランス調整(ヒゲ修正)を要するためオーバーホールでの対応とならざるを得ません。

ヒゲゼンマイの絡まり 

ヒゲゼンマイはタイミングが悪いとわずかな衝撃でも絡まってしまいますので、思い当たる節があり突然精度に異常が出た場合はこのトラブルの可能性が高いと思われます。

正常なヒゲゼンマイ 

機械式時計は大変デリケートなので日頃から衝撃を与えないような使い方を心掛けてください。
何かおかしいとお感じの際は無理なご使用を控えて早めに診察をお受けになられることをお薦めいたします。