オメガ・スピードマスタープロフェッショナルのゼンマイ切れ

主に手巻き式のスピードマスターに搭載されているキャリバー861(1861)は
巻き過ぎや金属疲労が原因でゼンマイ切れによるトラブルが大変多くなって
おります。
過去のコラムでも紹介しておりますが、ゼンマイ切れが起こるタイミングに
よりましては香箱(ゼンマイを収納している部品)の歯先が折れたり変形を
起こす事が稀にございます。(画像の赤丸部)

オメガキャリバー861香箱変形

香箱は機械の一番深い位置にあるため、見積もりの段階でこの不具合を見抜く
事が出来ません。

極わずかな変形でしたら修正できる場合もありますが、過度の変形や歯が欠けて
おりますと香箱自体を交換せざるを得ません。
毎日の巻上げ操作はついつい手荒になってしまう事もありますが、壊れた時の
代償は高額ですので慎重に行うようお気をつけ下さいませ。
弊社では修理完了時に巻き上げ操作のコツと注意点をまとめた説明書をお渡し
しておりますのでご参考になさってみて下さい。