国内大手時計メーカー推奨修理店 ロレックスやオメガなどの時計修理をその場で見積もり 新宿三丁目すぐ

コラム

グランドセイコー5722-9990 オーバーホール修理例

セイコー・グランドセイコー2ndモデル 5722-9990 オーバーホール・部品交換(風防・巻真・竜頭)39,000円(税別) 修理前画像   修理後画像     リピーター様からのご依頼でした。古い国産時計の …

ロレックスGMTマスターRef.1675オーバーホール修理例

ロレックスGMTマスター Ref.1675 オーバーホール・部品交換(竜頭530-0、2番車、チューブ、風防)80,000円(税別) 修理前画像    修理後画像      竜頭が完全に閉まらなくなるまで使い続 …

時計の磁気帯び

人体に与える電磁波の影響が色々と取り沙汰されていますが、機械式時計には磁気帯びとなって、確実に悪影響を及ぼします。 修理に来た時計を分解前に調べてみると、程度の差こそあれ8割近くが磁気帯びしています。 高価なガウスメータ …

オメガコンステレーションRef.168.017/Cal.564オーバーホール例

オメガコンステレーション Ref.168.017/Cal.564 オーバーホール・竜頭交換・切替車再使用。見積もり額41,500円→ご請求額33,500円(共に税別) 修理前画像      修理後画像    見 …

ホイヤーオータビア オーバーホール例

ホイヤーオータビア オーバーホール・角穴車交換50,000円(税別) 修理前画像     修理後画像   角穴車の歯欠けにより巻き上げ不良が起きておりました。関連パーツが文字盤の裏側でしたので全分解するまで損傷 …

ロレックスエクスプローラー1 オーバーホール例

ロレックス エクスプローラー1 Ref.114270/Cal.3130 オーバーホール 27,000円(税込み) オーバーホール前   オーバーホール後      定期メンテナンスでパッキン類以外は全て再使用で …

ムーブメント比較解説~オメガ スピードマスター

(3)オメガ Cal.1151(バルジュー7750)    とかく“コストダウンが甚だしい”、“無機的で面白みが無い”と揶揄されるバルジュー7750(オメガ1151)です。 そういった指摘に間違いはありませんが、アンティ …

ムーブメント比較解説~オメガ スピードマスター

(2)オメガ Cal.1040    こうしてみるとクロノ機構はCal.861と酷似しており、改良型であることがわかります。 具体的には自動巻とし、振動数の増加(6振動→8振動)、カレンダー機構と24時間計の追加、分積算 …

ムーブメント比較解説~オメガ スピードマスター

(1)オメガ Cal.321~初代スピードマスターに使用されたムーブメント スピードマスターのファーストモデルに採用されたCal.321の全体像。 雑誌等ではあまり見る機会の少ない文字盤の裏側(下の画像)です。中心軸の左 …

ムーブメント比較解説~ロレックス・オイスター 手巻き

(5)ロレックス Cal.1215(手巻き) 手巻きオイスターデイトに搭載されている、Cal.1215です。中三針方式であるため、中心よりやや右上部に見える、3番歯車から延長された“出車”が特徴的ですが、これは従来のスモ …

ムーブメント比較解説~ロレックス・オイスター 自動巻き

(4)ロレックス Cal.3035(自動巻き) メンズサイズでは初のハイビートとなったCal.3035ですが、特徴としては、高振動化による精度向上、カレンダーの早送りが可能となった、という点があげられます。状態の良いもの …

ムーブメント比較解説~ロレックス・オイスター 自動巻き

(3)ロレックス Cal.1560(自動巻き) ロレックスの歴代ムーブメントの中でも傑作といわれる、Cal.1560です。  GMTやデイ・デイト機能を追加したいくつかの派生型の他、30年に渡って製造され、その間改良や部 …

« 1 32 33 34 »
PAGETOP
Copyright © 2005-2017 時計修理 Complete, Inc. All rights reserved.

本ページ掲載の写真・デザインは全てオリジナルコンテンツです。無断複写及び転用を固く禁じます。